HU-300など低速回転のジューサーの特徴について

低速回転のジューサーだと他の安物にくらべて美味しいフレッシュジュースを
家でも絞ることが出来るというの耳にしませんか?

しかし低速ジューサーって一体何?という方もいらっしゃると思います。
また低速ジューサーとは何が優れているのかについても色々知りたい思い、
ネットで調べてみました。

 

低速回転ジューサーがどういうものなのか、名前の通りになるのですが、
1分の間にだいたい80回転前後スクリューが低速回転するジューサー製品の
事をさしているようです。

 

80回転がどれくらいかというと心の中で「いち」と数えている間に
スクリューが1〜2回転するということになりますね。

たしかに他のジューサーやミキサーに比べると低速の気がします。
そしてヒューロムスロージューサー、この製品は石臼式ですり潰すものですから
臼が回転する様子を思い浮かべて頂けたらいいと思います。

よく水車小屋にあって、そばや小麦をひいてるものですね 笑。

それでこの低速回転のジューサーの優れている点ですが、
低速なので摩擦熱の発生が高速に比べて少ない事になります。
これにより熱によって壊れやすい栄養素や酵素をなるべく破壊しないでジュースを
絞る事が出来るので栄養素の多いジュースが作れる訳です。

 

これは日常生活野菜不足に困り、ジュースで補おうとしている方にとって
大変うれしい、大事なポイントですよね!

 

また低速回転のだと、ゆっくりと野菜や果実をすり潰すして搾るので、
高速遠心力で飛ばさず空気にふれる時間が少なくなります。
よってジュースが酸化しにくくなることも大きな利点です

 

絞ったジュースを比較して見ればこれは一目瞭然です。

 

タグ


2012年4月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:特徴

このページの先頭へ

イメージ画像